英語教室ABCハウス

よくある質問

どんな教材を使うのですか?
「聞く・話す・読む・書く」がバランスよく入った小学生の英語学習のために開発されたものを使います。メイン教材にはつづりと音のフォニックス学習法を日本の英語教育に定着させたともいえる「株式会社mpi」の教材と、絵本やリズムを大切にし英語の楽しさを満載した「アプリコット出版株式会社」のLearning World(ラーニングワールド)シリーズのものを採用しています。いずれもCDが付属しており、ご自宅でも親子で一緒に楽しみながら反復練習ができるものです。その他、アルファベット練習帳、宿題のワークブックなどは長年の経験に基づいて、毎年各クラスの生徒たちの様子やレベルに合わせたものを使っています。
宿題はありますか?
少しだけあります。集中してすれば5分程度で終わる量です。レッスンに来る前に前回の内容を思い出してもらうためのもので、少しずつ毎週きちんと復習を重ねることで定着を徹底します。宿題はそれぞれの生活のペースや他の塾、お稽古のスケジュールも考慮した無理のないものです。また、宿題以外に高学年のこどもたちには自主的に学習を進める課題もあります。本当に英語が好きでやる気のある子たちには、英語の勉強をすることが楽しかったり、もっと英語をしたいと感じられるようになる道をつくってあげることもレッスンの一部だと考えています。
小学校で始まる英語とABCハウスのレッスン内容はどう違うのですか?
ABCハウスの井上光子は、10年間近く小学校での英語活動のお手伝いをしてきています。2011年度から全国で新しく5・6年生に必修となる外国語活動で、文部科学省が作成した補助教材「英語ノート」を使った授業にも、すでに研究段階の2年前から参加しています。小学校の授業で学べる範囲と、少人数で徹底させるべき学習の違いを十分理解した上でカリキュラムを組み、授業を構成しています。十分なコミュ二ケーションを通じて会話力をつけ、大勢の前で発表する自信を育てます。さらに少人数の中で読む・書く・文法理解を丁寧に徹底させることで中学校での成績につながるよう準備していきます。
何歳から通えますか?
幼稚園児、小学1年生から6年生までが対象です。
親はついていかなくてもいいですか?
基本的に親の同席は不要ですが、見学は大歓迎です。特に小さなおこさまの場合には、時々でもお家の方にレッスンの様子を知っていただいたり、上達した姿を見ていただけるのは、こどもたちにとってもうれしいことです。狭い教室ですがお気軽にお入りください。
レッスン料はどのように支払いますか?
月謝制です。月初めに当月分の月謝を納めていただいています。最小限必要な教材費以外には、諸経費などをいただくこともありません。また入学金、年会費もいただいていません。

英語教室ABCハウス

このページのトップへ